カテゴリ:その他
3月2日 最終登校日 3限・卒業を祝う会

3月2日(月)は、今年度の最終登校日となりました。

1~6年の全児童が揃うのも今日で最後になるため、予定を1日繰り上げて「卒業を祝う会」を行いました。

感染防止を最大限に考え、教員・児童とも全員マスク着用と、アリーナ入口での手指消毒をして臨みました。

 

カベには、2年生が書いたプログラムや、1・3・4年生が描いた壁画が飾られていました。

この壁画は、国語の教科書にある挿絵がもとになっており、作品は、向かって左から『スイミー』『三年峠』『ごんぎつね・白いぼうし・初雪のふる日・プラタナスの木』です。どれも力作ですね。

 

1~5年がアリーナに揃うと、花のアーチが準備され、主役である6年生が入場してきました。

 

 

 続いて、各学年からの出し物です。

4年生は、各クラブのようすをビデオに撮って上映し、6年生への感謝の気持ちを伝えました。

 

1年生は、『パプリカ』のダンスと替え歌で、卒業していく6年生をお祝いしました。

 

3年生は、現6年生が3年生だった頃から現在までに行ってきた、4年ぶんのダンス・合唱・合奏を再現しました。

 

2年生は、様々な場面で頼りになる6年生の姿を寸劇にして、『 We Will Rock You 』で6年生を応援しました。

 

5年生は、6年生のこれまでを振り返るかたちで、登校や運動会など多くの場面を再現し、6年生にエールを送りました。

そのあと、卒業証書授与式で歌う予定だった歌を 5・6年生で歌い合うと、会場が感動に包み込まれました。

 

 

6年生から各学年に向けて、お礼の言葉と、合奏『 宿命 』が披露されました。開始早々、舞台中央でのリコーダーソロに大きな拍手が起こり、あとに続くゆったりしたメロディは、ぬくもりのある雰囲気を出していました。

 

 

 

最後に、6年生一人一人にあてた、なかよし班メンバーからのメッセージ色紙が5年生によって渡されました。

もらった6年生は、嬉しそうに自分の色紙を眺めていました。

 

そして、6年生の退場です。花のアーチの中を、晴れ晴れとした表情の6年生が通っていきました。

全校揃っての最終登校日となるこの日、6年生を温かく送り出すことができて よかったです。

 

公開日:2020年03月03日 17:00:00
更新日:2020年03月04日 08:13:01