カテゴリ:6年
3月10日(火) 6年 薬物乱用防止教室

3時間目、アリーナで、6年生対象の「薬物乱用防止教室」が行われました。

埼玉県警の方が、ときにはクイズも交えながら、説明してくれました。

 

 

 

「法律上、飲酒が可能になる年齢は?」や、「喫煙が可能になる年齢は?」には、子どもたちのほぼ全員が「どちらも20歳から」と答えられました。

しかし、令和4年4月から、成人として認められるのは18歳に引き下げられることに合わせて、「飲酒と喫煙ができる年齢も下がるか?」という質問には、子どもたちもしばらく考え込んでいました。

正解は、『飲酒と喫煙の可能年齢は20歳のまま変わらない』です。

さらに、未成年に対して飲酒や喫煙を勧めるのも犯罪になることや、一度でも薬物を体内に入れてしまうと、脳に影響が出て、二度と元には戻らないことも話されました。

子どもにとって恐ろしい話題も多く出ましたが、子どもたちは、自分の身を守るために大切な情報だと理解し、しっかりと耳を傾けていました。

公開日:2021年03月10日 20:00:00
更新日:2021年03月11日 16:50:47