学校経営方針

 

平成31年度 下新倉小学校 経営方針

 

1 目指す学校像 

 わくわく にこにこ きらきら  一人一人の個性が輝き、豊かに生きる力をはぐくむ学校

 

 2 学校教育目標 

 かしこく    やさしく     たくましく

*大切にする活動   学び合い    助け合い     鍛え合い

 

3 児童像

  進んで学び、考えを深める子

   ・めあてを持って工夫して取り組む子

   ・よく考えて判断できる子

   ・自分の考えを表現できる子

   ・友達の考えを大切にする子

   ・意欲を持って学び、自分で解決できる子

 

  仲よく助け合い、認め合う子

   ・進んであいさつする子

   ・友達を大切にする子

   ・素直でよく働く子

   ・誰とでも協力する子

   ・決まりや時間を守る子

   

  ねばり強く、最後までがんばる子

   ・明るく元気な子

   ・進んで運動する子

   ・ねばり強く取り組む子 

   ・安全や健康に気をつける子

   ・感謝の気持ちを持っておいしく食べる子

 

4 学校像

  教育環境が整い、安全安心できれいな学校

  児童が生き生きと活動し、笑顔と活気があふれる学校

  教師が誇りと使命感を持って働く学校

  保護者や地域から信頼され、ともに歩む学校

 

5 教師像

  研究と修養に励み、児童のよさや可能性を伸ばす教師

  児童に愛情を注ぐ、人間性豊かな教師

  互いに切磋琢磨し、組織の一員として協働する教師

  児童や保護者、地域の期待に応える教師

 

6 学校経営方針

 確かな学力の育成を図る学習指導の充実

 豊かな心と健やかな体を育む教育活動の充実

 教職員の資質能力の向上と教職員組織の活性化

 教育環境の整備と効果的な活用

 学校・家庭・地域と一体となった教育の推進

 

 

7 重点目標

 ◇児童が主体的に学ぶ授業作りを進め、学習内容の確実な定着を図る。

  ◆児童に課題意識と見通しを持たせ、主体的な活動を通して課題解決を図る満足感の高い

   授業を展開する。

  ◆すべての授業において豊かな言語活動を位置付け、個人や小グループ、集団での学び合

   いを通して、学習を深める。

  ◆個に応じた支援と、評価や振り返り活動の充実を図り、確かな学力の定着を図るととも

   に、学習意欲をはぐくむ。

 ◇児童理解を深め、一人一人のよさや可能性の伸長を図る。

  ◆一人一人の児童の個性や持ち味を多面的・共感的に理解し、望ましい成長と自己実現の

   ための支援を行う。

  ◆児童一人一人が目標に向かって努力し、集団の中で認め合い、それぞれの能力が十分に

   発揮できるような教育活動を推進する。

  ◆校内相談体制の充実を図り、児童一人一人の情報を的確に把握するとともに、抱える悩

   みや不安を解消し、学校生活への充実感や満足感を高める。

 ◇道徳教育の充実を図り、豊かな人間性や規範意識をはぐくむ。

  ◆道徳科を要として、基本的な生活習慣や社会生活上のきまり、基本的なモラルの育

   成などにかかわる道徳的実践の指導の充実を図る。

  ◆全教職員の共通理解のもとに、他教科や特別活動、生徒指導や人権教育等との関連も図

   り、児童の豊かな心をはぐくむ実践や体験活動を推進する。

  ◆道徳教育を一層効果的に推進するために、道徳科の授業を積極的に公開し、家庭や

   地域と相互に連携を深めた取組の充実を図る。

 ◇体力の向上と健康教育の推進を図る。

  ◆生涯にわたって運動に親しむ資質や能力を育成するために、一人一人の能力・適性等に

   応じた課題を持たせ、自ら進んで運動に取り組む学習を通して体力の向上を図る。

  ◆計画的な保健学習や保健指導を通して、自らの健康を適切に管理し、改善を図るための

   意思決定ができる資質や能力をはぐくむ。また、食育指導の充実を図る。

  ◆保健教育の充実のために、保護者や学校保健関係者、関係機関との連携を図り、保健教

   育や保健管理が適切に実施できるようにする。

 ◇一人一人の教育的ニーズに適切に対応する特別支援教育の充実を図る。

  ◆児童一人一人の状況や特性等に応じて、具体的な指導目標や指導内容・方法を明確にし

   た個別の指導計画や教育課程を編成し、きめ細かな指導の充実を図る。

  ◆通常の学級に在籍する児童について、必要に応じて個別の指導計画を作成し、一人一人

   に応じた適切な支援の充実を図る。

  ◆校内就学支援委員会を中心として校内支援体制を整え、保護者や医療・福祉等の関係機

   関と連携して支援の充実を図る。

 ◇学年・学級経営や生徒指導の充実を図り、信頼関係や好ましい人間関係をはぐくむ。

  ◆児童一人一人が学校生活の主人公として、よりよい生活づくりに参画しようとする自主

   的、実践的な態度の育成を図る。

  ◆児童一人一人が認められ、よさが発揮できるよう、すべての教育活動において、担任と

   児童及び児童相互の人間関係を深め、学級の好ましい雰囲気の醸成を図る。

  ◆全教職員が一貫した姿勢で、児童の自主性や自発性を大切にしつつ、規律正しい生活態

   度、善悪を正しく判断して行動する力、望ましい人間関係などの育成に努める。

 ◇教職員の授業力や資質向上のための研修の充実を図る。

  ◆教職員が一丸となって、学校課題の解決を図るための重点研修に取り組み、授業研究を

   通して、組織的な授業力の向上を図る。

  ◆日常の職務や研修機会を生かして、共通の目標に向かってチームとして協働し、切磋琢

   磨し合う関係づくりを通して、指導力や人間性などの資質や能力を磨く。

  ◆県や市等が実施する公的な研修や、県内等の学校の研究発表会に積極的に参加するととも

   に、教職員自ら自主的な研修に取り組み、その成果を児童に還元する。

 ◇安全教育と安全管理の徹底を図り、安全安心な教育環境を整える。

  ◆自他の生命を尊重し、生涯にわたって安全な生活を営む基礎を培うよう、全教育活動を

   通して組織的、継続的に安全教育を推進する。

  ◆児童が安全についての知識や技能を身につけるための安全学習の充実を図るとともに、

   日常生活に潜む様々な危険を回避することができるような安全指導を推進する。

  ◆日常における安全点検を徹底するとともに、家庭や地域との連携を図り、防犯教育及び

   交通安全や災害などの防災教育の充実に努める。

 ◇情報化・国際化等、社会の変化に対応した教育の充実を図る。

  ◆ICTに慣れ親しみ、基本的な操作や情報モラルを身につけるとともに、児童が必要な

   情報を主体的に収集・判断・処理・編集・表現し、発信する能力を育成する。

  ◆国際社会の一員として、自国及び諸外国の伝統や文化等を理解して、相手の立場を尊重

   して意思疎通を図ることのできる資質や能力を育成する。

  ◆持続可能な社会を作るための環境教育、互いに支え合い、豊かに生きていこうとする心

   や態度を育てる福祉教育など、社会の変化に対応するための教育の充実を図る。

 ◇家庭や地域の教育力を効果的に生かし、教育活動の質の向上を図る。

  ◆地域の人材や教育資源を教育活動に積極的に生かし、地域から学び、地域を愛する児童

   を育成する。

  ◆PTAや学校応援団、地域の自治会や関係諸機関と連携を深め、安全でよりよい教育環

   境を築くとともに、豊かな教育活動を創る。

  ◆併設の図書館分館や児童館、保育クラブとの緊密な連携を進め、地域の学習や生活の

   拠点として、学校機能の充実を図る。

 

学校経営方針(PDF)

*グランドデザイン(準備中)

更新日:2019年04月28日 11:00:00